アウトドアと飯のあれ

神奈川→富山在住の20代のアウトドアと飯と旅行のあーだこーだ

2021年10月23~24日 大汝山(1/2)

ウス。

10月半ばに北アルプスを中心に初冠雪となりました。

思ったよりも降り積もり、秋の様相はどこへやら、あっという間に白銀を纏う。

そんな山並みを麓から眺めて、次の休日を待ち望んでいました。

 

f:id:akiranngo:20211025210052j:plain

まっっっしろ。

冬山のシーズンイン、今年は立山に決めていました。

日曜はドピーカン。しかし大名行列の如き大渋滞が容易に想像できる。

ということで天気の悪い土曜に前入り、久々の小屋泊としました。

 

f:id:akiranngo:20211025210101j:plain

前が見えない程でもないし、幸い無風なので全く寒くない。

今回泊まるのは雷鳥。何度か立ち寄りでお世話になった所。

 

お風呂や休憩スペースが格別に良くて、お得に立山を漫喫出来る良い宿です。

 

f:id:akiranngo:20211025210057j:plain

駅から25分程で雷鳥荘に到着。

しかし降り始めて1週間程度というのに、予想外に積もってました。

一歩道を外れればドパウ!とうとうこの季節がやってきましたね。

 

早速チェックインして、併設の喫茶店でカレーを注文。

ここのカレーはほっとする味。これでいいんだよ、これがいいんだよ。

 

f:id:akiranngo:20211025210105j:plain

14:00頃。荘厳な姿。

そしてお風呂も最の高。昼過ぎなので混雑もなく、つい長湯してしまいました。

 

その後休憩スペースで『るろうに剣心』を読み耽ってると、

少し晴れ模様が見えてきたので、急いでサンダル履いて外へ。

 

f:id:akiranngo:20211025210109j:plain

山頂は荒れ模様?

凡そ10分のショータイムでしたが、

雲を纏った立山の凛々しき姿が見えて格別かな。

 

f:id:akiranngo:20211025210114j:plain

別山方面。

別山はツボだと膝上までのドパウが延々と続いていたそうな。

この後は夜まで曇ったので、またるろ剣を読破する作業に戻り、また入浴。

 

f:id:akiranngo:20211025210118j:plain

雷鳥荘と伽羅陀山。

久々の山小屋泊まり、寒さや雨とは無縁でぐっすり就寝しました。

 

ちょい早いけど次回に続く。