アウトドアと飯のあれ

神奈川→富山在住の20代のアウトドアと飯と旅行のあーだこーだ

2020年9月20~22日 黒部ダム~阿曽原温泉小屋~欅平(2/4)

前回の続き。

 

 

AM4:00起床。いそいそとテントを片付ける。

ここでスマホバッテリーの充電コードが何故かandroid用になってるミス。

皆さんは出発前にコードをちゃんと確認しましょう。

 

f:id:akiranngo:20210125215232j:plain

朝の通路は異世界の香り。

渋滞に巻き込まれるのが嫌なので、皆より一足早く黒部ダムへ。

闇夜に光る青のランプが怪しげな光を放っていました。

下ノ廊下入口は意外と分かりづらい位置にありますが、そこら辺は各々調べてくれ!

 

f:id:akiranngo:20210125215308j:plain

日が昇る。

7:00くらいになると谷深い所も明るくなってきて、シャッターチャンスとばかりに

カメラを構え始める。

高天原山荘の日記にも書いてありましたが、

この日は3連休にしてはかなり人が少なかったみたい。僕にはラッキー。

 

f:id:akiranngo:20210125215238j:plain

断崖。

どこ撮っても楽しくて笑えてくる。

下は激流の黒部川が轟轟と音を立てるので、決して心休まるわけではありませんが…。

 

f:id:akiranngo:20210125215302j:plain

黒部の大動脈。

こういう景色、Skyrimで見た気がしますぜ。

前から誰か来たらどうしようとヒヤヒヤしましたぜ。フスロダで吹っ飛ばすしかない。

 

f:id:akiranngo:20210125215323j:plain

隠し財宝がありそうな予感。

RPGの風景のような男心を擽る風景の連続。

そりゃ冠松次郎も惚れますわ。

まあ彼が通った頃にはより原生的な黒部の風景があったのでしょうが。

 

f:id:akiranngo:20210125215330j:plain

階段を昇る。落ちたら一巻の終り。

逆に松次郎が見られなかった景色を僕たちが見ることもできるわけで。

白き泡立つ黒部川は深い緑青を湛えていますが、

あの中に呑まれれば帰っては来れないでしょう。

 

f:id:akiranngo:20210125215338j:plain

原始的雰囲気。

小さな渡渉があったり、道に流れる滝を通ったり。

バリエーション豊かな道中を、早めに出た分、

人に追われもせず思う存分シャッターを切れて満足でした。

 

f:id:akiranngo:20210125215922j:plain

十字峡。

中間地点の十字峡でようやく阿曽原から来た人とすれ違う。

下を流れる黒部の水の奔流。

いつかここを遡行してみたいものです。無茶かな。

 

f:id:akiranngo:20210125215919j:plain

剱大滝とか行きたいね…。

黒部の心臓部で絶景を心行くまで堪能したい気持ちもありましたが、

今日の宿泊地まで足を進めます。

 

ということで次回に続く。