アウトドアと飯のあれ

神奈川県在住の20代のアウトドアと飯と旅行のあーだこーだ

2019年5月21日 旧黒瀬谷村⑤東坂下集落

実は一発変換できる。 前回の続き。 開けた県道を走り、木陰の中に入って行く。 東坂下(さこぎ)集落。 世帯数5、人口17名。(H27国勢調査) 富山難読地名クイズ大会が催されれば真っ先に出てくるので、対策しておこう。 『サコギ』は小さい河谷のことである。 …

2019年5月21日 旧黒瀬谷村④北谷集落

あー、牛タン食べたい。 前回の続き。 根上(ねのうえ)から土(ど)集落への道へと戻り、八尾町側へと走る。 数分すると分岐があり、そこを左へ曲がると目的地だ。 北谷(きただに)集落。 世帯数、人口不明。(字無記述。) 北谷(キタタン) (『八尾町史』) 富山県…

2019年5月21日 旧黒瀬谷村③根上集落

グーグルマップの限界。 前回の続き。 土(ど)集落からは開けた山道を走る。 日が照り、熱気が車に籠って暑い。 まあ、雨上がりで多少はマシと思おう。 根上(ねのうえ)集落は土集落のすぐ隣に位置する。 世帯数8、人口11名。(H27国勢調査) 根上(ねのうえ) 古…

2019年5月21日 旧黒瀬谷村②土集落

全国最短地名ランキング トップ常連。 前回の続き。 雨上がり間も無いので、鬱陶しい羽虫は地表を這いずるばかり。 快適な旅心地だ。 土(ど)集落。 土(どう) 堂とも書いた。 (『角川日本地名大辞典』) 現字では「ど」と読まれる。 地名由来は不詳だが、 前回…

2019年5月17日~5月21日 旧黒瀬谷村 ①下伏集落

水田と雨後の空。 前回より のそのそぬるりと始まった、富山県内の廃集落を巡る旅。 「廃集落を巡る」と公言しておいて何だが、廃集落の周辺には往々にして 現役の過疎集落があるものだ。 そこをスルーして行くのも何か心残りがあるので、同時に巡りたい。 …

2019年5月19日 白木峰

山毛欅の白林より。 ウス。 今日も今日とて登山です。 だって最近晴れ続きですもの。 そりゃ登山日和ってなもんですよね。 今回向かったのは白木峰。 一足早くお邪魔しました。 ----- 白木峰。標高1,596m。日本三百名山。 飛騨高地に属し、遠く立山から白山…

『令和富山県廃集落探訪長期計画』

廃集落の数が多い。 最近まで居住していた神奈川県が全国的に見ても少ないこともあるが、 富山県の高度過疎集落・廃集落の数は両指に収まらないほどである。 廃集落の経緯は地域により様々であるが、 ①高度経済成長期に端を発する、都市部への人口流出による…

2019年5月17日 大辻山(本道ルート)

思いつくままに。 やあやあ。御機嫌ようございます。 朝起きた時に「あ、今日は登山しよう」と思いまして。 飯食ってさっさと登山準備。 富山は本日快晴日和。 どうせなら大きく立山連峰を眺めたいということで、 それなら大展望の山にちゃちゃっと登ってこ…

2019年5月15日 富山「旧桐谷小学校」

深緑。 旧桐谷小学校。 富山・岐阜県境側には数多くの山村があるが、 筋のように入り乱れる峰々に阻まれ、相互往来が非常に困難である。 豪雪により冬季通行が制限されることもしばしば起こる。 富山県市街地から1時間ほど走らせた先にある桐谷集落もその1つ…

2019年5月15日 富山「旧大長谷小中学校」

久しぶりの暑さ。 大長谷(おおながたに)村はかつて富山の山奥に存在した村だ。 大長谷川の両岸や山間に二十余の集落を抱え、僅かな林業の収入や田畑の耕作、 木炭や養蚕、和紙等で日々の生計を立てていた。 昭和40年頃に高度経済成長の煽りを受け、若年層が…

(無題)

先程、実家の犬が他界した。 死因は老衰。年齢は13年と8ヶ月23日。 ここ数年間は慢性的に体の調子が悪かったが、2日前からとうとう寝たきりになった。 今日、眠るように静かに息を引き取ったらしい。 彼が来たのは、僕が当時中学2年生の頃だ。 僕は早生まれ…

2019年5月2日 南木曽町「旧妻籠小学校」

南木曽町立旧妻籠小学校。 明治六年 光徳寺観音堂に和智埜学校設置 八年 妻籠学校と改称 十六年 妻籠学校新校舎落成 二十三年 吾妻尋常小学校と改称 二十五年 妻籠尋常小学校と改称 二十七年 妻籠尋常高等小学校と改称 昭和十六年 妻籠国民学校と改称 二十二…

中山道脇往還『伊那街道』

長野は蜘蛛の巣。 尾又は妻籠宿の南端に位置する。 ちょうどこの看板がある場所を北東端とし、南へ300m、 蘭(あららぎ)川を挟んで西へ200mの範囲が尾又地区だ。 この地にはかつて中山道から伊奈道(=伊那街道)へと分岐した道が続いていた。 1593(文禄2)年、…

2019年5月2日 中山道ハイキング 馬籠宿→妻籠宿(3/3)

珍道中。 前回の続き。 下り谷を抜け、石畳の下り坂を降りていく。 道の途中には木々の切れ間があり、時計を見ると5時近く。 暖かな陽光も二ツ森山方面へと沈みがかってきました。 九十九折りの石畳を降りると、県道7号線と合流。 この辺りは大妻籠。 隣の妻…

2019年5月2日 中山道ハイキング 馬籠宿→妻籠宿(2/3)

古道の風格。 前回の続き。 熊野神社に参拝し、坂を上り詰めていきます。 神社からほど近い馬籠峠はその名の通り、この道における最高点。 天気が良ければ、遠く遠くの伊吹山が望めたと『夜明け前』でも語られています。 中山道は東海道よりも緩やかな道が続…

2019年5月2日 中山道ハイキング 馬籠宿→妻籠宿(1/3)

しみじみ。 前回の続き。 馬籠宿を観光した後に、宿場町の上部へと向かいました。 今回わざわざ車を妻籠宿へ置いて、バスで馬籠へ来たのには理由があります。 歩くためです。 馬籠~妻籠間を、旧中山道の面影を感じながら歩く中山道ハイキング、はじまりはじ…

2019年5月2日 南木曽町「馬籠宿」

江戸から八十里半。 前回の続き。 妻籠宿からバスに乗り、8km隣まで向かうためにバス停に並ぶ。 …までは良かったのですが、凄まじい数が並んでまして。 臨時バスは来ず、1台の路線バスに当然の如く鮨詰めにされます。 過積載にも限度があるだろって言いたく…

2019年5月2日 南木曽町「妻籠宿」

何度来ても。 前回の続き。 南木曽岳から下山した後、来た道を戻って数km、 昨秋にも訪れた妻籠宿にやってきました。 もう半年以上も前になるのか。 登山も終え、ゆったりと地元の温泉…とは行かず。 今回の旅路の目的は2つあり、1つが南木曽岳ですが、 その…

2019年5月2日 南木曽岳(蘭登山口)

我慢?無理。 令和初日、寝正月ならぬ寝令和を迎えていた2019年5月1日23時05分25秒、 脳が山に支配されました。 即座にパッキングと道中の弁当の用意をして、車に乗り込む。 今回向かうのは南木曽町。中央アルプスの名峰、南木曽岳です。 ----- 南木曽岳。標…

2019年4月29日 山梨「御嶽昇仙峡」

外に出る気、無っ。(・‿ ・) ウス。ダメ人間の世界からこんにちは。 GWは天気の良い日が少なく、晴れの日に行楽目当てが集中すると思うので、 外に出る気にならんという話です。 ですが部屋でボケーっとするのも滅入りますし、唯一の行楽ということで 信州の…

2019年4月26日 川崎市「日本民家園」(2/2)

昔の散歩道。 前回の続き。 ツツジが綺麗な垣根の先には、頭がフサフサの家が。 あれは『芝棟』と言い、屋根の頭を土の重さで抑えて、 なおかつ土が落ちないように、草花を植えて根を生やさせているのだとか。 紫色のアヤメに似た花が咲いていて、調べてみた…

2019年4月26日 川崎市「日本民家園」(1/2)

何やかんやで好きだった町。 やあ。近頃は海外のブッシュクラフトの動画見るのが流行中です。 鶏の丸焼き食いてぇ…。 4月。上京して9年が経過しました。 2010年に東京に来て、最初の住まいは矢口渡だったという話は前にしたかな。 気に入ってましたが、諸事…

2019年4月19日 檜原村「旧藤倉小学校」

今日から4日連続雨。 檜原村立旧藤倉小学校。 明治七年四月、桧原小学校第六分校として桧原村藤原の寒沢寺を 校舎として開校した。 別名を包蒙学校と呼び藤原・倉掛の児童を収容した。 (中略) 昭和四十一年四月一日 独立昇格して藤倉小学校と校名を変更した…

2019年4月19日 檜原村「猿江集落」

秘境也。 さて、今回なぜ檜原村へ来ることになったのか。 前から小林家住宅に興味を持っていたのもありますが、それだけではありません。 今回はそれを順序立てて説明していこうと思います。 僕の古道・集落探訪は 昭和~明治の地図を見ながら、「臭い」場所…

2019年4月19日 檜原村「小林家住宅」

あったかい。 前回奥多摩を後にして、向かった先は山を挟んだ向こう側。 何気に初めて訪れる東京本土唯一の村、檜原村。 古民家が立ち並ぶ東京の深山を歩く旅、それが2日目の目的です。 早朝に麓の藤原へ到着。 今回向かう小林家住宅は10:00開館。暇なので麓…

2019年4月18日 奥多摩「絹笠集落跡」

杉林の中で。 奥多摩町氷川から歩いて、およそ2時間かかる三ノ木戸山。 その山の手前に、人が去り久しい廃村がある。 絹笠集落跡。 氷川の小字の地は、期待以上に僕の探索欲を湧かせることとなった。 ウス。 前回の続き。 駅に戻ってきて、次に廃村巡りへと…

2019年4月18日 奥多摩古道(奥多摩~除ヶ野)

混み混みしていない場所が好き。 奥多摩。今や関東圏を代表するアウトドアフィールド。 都心からのアクセスの良さで、キャンパーや登山者、釣り人に親しまれる奥多摩だが そのビッグネームの裏には、幾多の時代の足跡が残されている。 今回は奥多摩の隆盛に…

胸には凶が含まれている

「朝目覚めたら、胸が痛いの。」 生まれて初めて恋に落ちた清純な乙女のような台詞ですが、 単純に胸が物理的に痛い、ただそれだけの話です。 肩凝りには慢性的に悩まされているのですが、胸が痛いというのは珍しく、 少し不安になりました。 正確に言うと、…

Nitro26のウエストバックル交換

そんなヘニャヘニャじゃないんだけどなあ。 前にちょろりと話題に出しましたが、僕の登山の親愛なる相棒は Black Diamond Nitro26です。 Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ナイトロ26 BD53002 アッシュ ワンサイズ 出版社/メーカー: Black Diamond メデ…

手作り感って大事です

ハンドメイドと工業品並んでたら前者買っちゃう。 やあ。 気分転換にヘッダーを変えてみました。 前のはこれ。 背景は金時山で見た空を使いました。 それなりに気に入ってたのですが、「何か違えな…。」と思ってたことがあるのです。 奥行きを出すためにビル…