アウトドアと飯のあれ

神奈川→富山在住の20代のアウトドアと飯と旅行のあーだこーだ

登山

2020年2月15日 千石城山

ウス。 冬将軍も去って久しく、平野部に積もった雪も見る影は無し。 蓮華温泉なんて春営業休止らしいですよ。山スキーヤーが絶望に打ちひしがれてます。 そんな暖冬にもめげずに山へ。今回は千石城山でゆるふわ登山です。 ----- 千石城山。標高757m。『富山…

2020年2月2日 [撤退]二王子岳

ウス。 早いもので正月からもう1月が経過してしまいました。 というのに、富山は雪がちーとも降らない。 挙句いつも暖かく晴れる関東で程良く降るという有様です。 雪が降らないなら降るところへ行けばいいじゃない、 ということでお隣の新潟へ行ってきまし…

2020年1月18日 大日ヶ岳(高鷲スノーパーク登山口)

ウス。 ここ2週間、富山に終日晴れの日はない気がします。 大体明け方から昼まで雨降って、昼から晴れたりね。 そのせいか雪もすぐグズついて溶け、スキーの高校総体が中止で県外で行われる始末。 いかんともし難い今冬ですが、曇天の富山を離れて小旅行をし…

2020年1月11日 小佐波御前山(猿倉登山口)

やあ。 年明けて10日が経ちましたが、なあなあで山に行けず仕舞い。 「快晴の今日こそ」と思って寝て、朝起きると布団が離してくれなかった。 モテる男って辛いね。無機物にはモテモテです。 昼まで市街地をドライブしてましたが、これではいかんと思い山へ…

2019年山行を振り返るとかそういう

やあ。 年納めに山行こうと思ったら風雨で叩き返されました。 無理。晴れない。撤退。 pic.twitter.com/QBWMrQgQkF— 成瀬晶 (@akiranngo_M) 2019年12月30日 まあそんな日もあるよね。自然だもの。 ということでネタを変えて、2019年で特に印象に残ったことを…

『旧薬師岳登拝道』今昔小話③旧登拝道の現在

前回の続き。 旧薬師岳登拝道は①で触れたように、今では辿る道筋がありません。 そもそも入口がダムの底、有峰集落の離村から来年でちょうど100周年。 とうに草木生茂り面影など何一つ残っていないでしょう。 …と思いながら、「こういう道が昔あったよ」とい…

『旧薬師岳登拝道』今昔小話②当時の登拝と道中の名所

前回の続き。 『立山(たちやま)に 降り置ける雪を 常夏に 見れども飽かず 神からならし』 盛夏にも雪が残る立山は見飽きるということがなく神々しい、と歌った 国内最古の和歌集『万葉集』に記された大伴家持の一首。 どの山を指したか、あるいは連峰全体を…

『旧薬師岳登拝道』今昔小話①概要

今日では『有峰』(ありみね)という地名に、聞き馴染みある登山者も 多いのではないでしょうか。 ここには日本百名山 薬師岳の登山口があり、昔は有峰集落がありました。 有峰集落は喧噪途絶える深き山中に静謐に広がる桃源郷であったと同時に 霊峰薬師岳の登…

2019年12月11日 天蓋山

ウス。 すっかり冬めいてきたと言うのでしょうか、とても寒々しい。 県内の某所では、水道の水が一瞬で凍っていく過冷却現象も起きたそうです。 そんな寒さだと路面もちらほら凍結して、2週間山に行けませんでした。 いやぁ、坂道で車がスタックしかけた時は…

2019年11月21日 白木峰

ウス。 月日が経つのも早いもので、冬の入口『小雪』が戸を叩いております。 少し前まで紅葉の始まりだった気がするんですがね…。 富山もあっという間に平野部に雪が降りそうな勢いです。 本格的な降雪の前に、少し山歩きをしたいなと。 行ってきましたのは…

2019年11月13日 [撤退]大猫山

ウス。 『立冬』に入りました。 関東では木枯らし一号が吹き荒れ、本格的な冬の季節が到来間近。 雪に塗れて山に入りづらくなる前に、冠雪の剱岳を今一度見に行きたいなと。 ということで知られざる別天地、大猫山へ出発。 今回のルート(GoogleEarth)。 ----…

2019年11月5日 クズバ山(東小糸谷登山口)

『楓蔦黄(もみじつたきばむ)』です。寒さが徐々に増してきました。 最近は足が冷えて、電気毛布がないと寝るに寝られません。 今年は紅葉が遅い為、県内奥地は今が丁度錦秋の装いを見せている頃でしょうか。 今回は剱岳の眼前に聳えるクズバ山で、彼の雄姿を…

2019年10月30日 僧ヶ岳(烏帽子尾根登山道)

ウス。 富山はこの頃悪天候が続いていましたが、向こう1週間晴れ間も多く気持ち良い秋空。 今回は国内外から観光客が集まる黒部峡谷鉄道でおなじみ、 宇奈月温泉郷の上に聳える巨大な山容、僧ヶ岳へ行ってきました。 今回のルート(GoogleEarth)。 ----- 僧ヶ…

2019年10月28日 大辻山(本道コース)

やあ。 タイマーが仕事せず1時間寝坊しました。 折角の晴れ間、市街地からも良く見える山の1つ、僧ヶ岳へ行こう… としたのですが登山口までの林道が封鎖されてるだの(デマでした) 時間がちょっと怪しい気もしましたし、急遽予定変更。 少し前に行った大辻山…

2019年10月16日 焼岳(中尾高原口) (2/2)

前回の続き。 焼岳山頂直下、旧中尾峠へ到着しました。 ここから山頂まで急登を約60分、硫黄臭に塗れて最後の辛抱です。 霞沢さん。 背後で穂高連峰、左で霞沢岳、右から笠ヶ岳が応援してくれています。 気合を入れてがんばるぞい。 開けてるからか、鼻が痛…

2019年10月16日 焼岳(中尾高原口) (1/2)

ウス。 史上稀に見る台風の一過、心地良い秋晴れですね。 幸い大きな被害のない地域でも、深層崩壊にはくれぐれも気を付けましょう。 はい、ということで山です。 しかし甲信越~東北は被害が大きく、方々に迷惑をかけるので控えるべき。 と考え、岐阜県に行…

2019年9月30日 立山雄山~別山 (4/4)

前回の続き。 ようやく別山へ到着し、剱岳を拝みました。 暫し休憩した後、このまま剱御前小舎へと向かいます。 大日連山(中央)。風格を感じる。 小舎までは15分ほどの道のり。 左手には室堂地獄谷、右手には剱岳のよくばり稜線を歩いていきます。 剱岳の代…

2019年9月30日 立山雄山~別山 (3/4)

前回の続き。 富士ノ折立に到着しました。 目の前に見えるは嫋やかな砂礫の稜線、真砂岳です。 追い抜かし、追い抜かされ。 この辺に来ると、別山側から登ってきた人とすれ違い始めます。 個人的にはこのルート、1泊して無理なく進むのであれば別山側から辿…

2019年9月30日 立山雄山~別山 (2/4)

前回の続き。 前回は雄山山頂へ到着しました。 今回は立山の最高峰大汝山と富士ノ折立を目指します。 立山最高峰、大汝山(3,015m)。 大汝山は立山の中央峰で、富山県の最高地点でもあります。 大汝という名前はその昔、この山には祠があり 『大己貴神(おおな…

2019年9月30日 立山雄山~別山 (1/4)

やあ。 9月も終わりというのに、平地は猛暑が断続しています。 高山帯は一応の登山シーズンが終わり、多くの山小屋は来年まで閉ざされる頃、 秋真っ盛りの立山雄山へ15年ぶりに行ってきました。 ----- 雄山。標高3,003m。日本百名山立山の主峰。 最高点大汝…

2019年9月20日 白木峰

ウス。 あといくつ寝ると神無月、日暮れの早さを実感し始めております。 少し肌寒くなってきましたが、今年4回目の白木峰です。 「何回行っとんねん…」と、ごもっともなツッコミは野暮です。 シロツリフネ。 少し時間が空いたので、これを機に花の撮影をと思…

2019年9月14日 戸隠山(戸隠神社奥社登山口) (2/2)

前回の続き。 戸隠山の山頂を後にし、このまま九頭龍山を縦走して戸隠牧場へ下山します。 断崖絶壁。落ちれば一巻の終り。 大きな山場は越えましたが、この縦走はちょくちょく切れ落ちた断崖を歩くので 非常に眺望が良いのも嬉しい。 ウメバチソウ。シラヒゲ…

2019年9月14日 戸隠山(戸隠神社奥社登山口) (1/2)

(※寝ぼけて記事消しちゃってました。ごめんなさい。) ウス。 週末は登山日和でしたね。 僕も登山に出かけたわけですが、ここ最近車で遠出していないなと思ったので、 どうせなら少しだけ足を伸ばしてみようかなと。 意外と富山からは行きづらい長野県、戸隠…

2019年9月6日 西穂高岳(西穂高口) (3/3)

前回の続き。 西穂高岳山頂について正午も周り、ぼちぼち下山することにしました。 ちなみに山頂でブヨに刺されたみたいで、気づいたら刺し傷が。かゆ。 冬に行きたい、霞沢岳。 山頂からの霞沢岳と六百山、とても惹かれる山容をしていました。 梓川の流れる…

2019年9月6日 西穂高岳(西穂高口) (2/3)

前回の続き。 前回から始まりました西穂高岳日帰り山行。 今回は独標から山頂まで向かいます。 独標(11峰)。 独標の下に『11峰』の記載。 11の独標から10、9、8...と岩峰の小ピークが続いて、 1の山頂へ繋がるこの道は、西穂高岳の本領がここから始まると告…

2019年9月6日 西穂高岳(西穂高口) (1/3)

やあ。 ここ数日間は暑さが続き、あまり9月という気がしませんね。 豪雨の翌日には猛暑だったり。僕みたいな性格してんな、絶対モテないだろ。 さて、晴天広がる長月の或る日に、西穂高岳へ行ってきました。 ----- 西穂高岳。標高2,909m。 北アルプス屈指の…

2019年9月1日 白木峰

ウス。 迷ったら食ってみろ!という感じで、今年3度目の白木峰です。 しかしニッコウキスゲも終わって、少し紅葉まで彩りに欠ける頃、 別の切り口で白木峰を楽しもうと思い、日の出ハイクと洒落こみました。 起きて時計見たらね、7時。 そらね、眠いから仕方…

2019年8月26日 浄土山~龍王岳(2/2)

前回の続き。 浄土山に到着してようやく岩峰が見えてきました。 浄土山の守護神、龍王岳。 ----- 龍王岳。標高2,872m。 古来より龍王は仏教を守護する善神であるとされ、その通り浄土山の傍で佇む岩峰。 気軽に辿れる西稜や、クライマーに人気のルートも持ち…

2019年8月26日 浄土山~龍王岳(1/2)

やあ。 この1週間でだいぶ気温が和らぎました。 ということはですよ、つまり登山じゃないですか。 何がつまりだとか言っちゃいけない。 8月3発目の登山は、立山連峰の浄土山と龍王岳へ行ってきました。 ----- 浄土山。標高2,831m(北峰)。北アルプスに属する…

2019年8月13日 [撤退]錫杖岳

ウス。 山にも人のように、顔があります。 『貴公子』『貴婦人』と呼ばれるように、山容の風貌は登山者を魅了する要因の1つ。 嫋やかな山も味がありますが、僕は巌巌として人を阻む山が特に好きです。 今回の舞台は新穂高の怪峰、錫杖岳です。 ----- 錫杖岳…